iOSプログラミング──Adobe Flashで作るiOSアプリ

2011年02月14日 14:38 | 関連書籍

9784048702263.jpg

 iOS SDKの規約改定により、Adobe Flash CS5を利用したiOSアプリの開発が可能になりました。本書では、米アドビ システムズ社がリリースしている「Packager for iPhone 」を使って、既存のFlashコンテンツをiOS用にコンバートする方法を解説しています。もちろん、iOS Developer Programへの登録、App Storeでの審査登録など煩雑な作業についても詳しく紹介。後半ではApp Storeで公開中のFlashで開発したiOSアプリをActionScript 3.0のソースコード付きで解説しています。すでに、Flashコンテンツ/ゲームを開発されているデベロッパーの方は必見です。


目次

【第1章】Adobe Flash で作るiOSアプリ開発の概要
 1-1 Adobe FlashによるiOSアプリ
 1-2 iOSアプリを開発する準備

【第2章】ActionScriptによるiOSアプリ開発
 2-1 Packager for iPhoneとは?
 2-2 開発環境の準備
 2-3 ActionScriptでの開発手順
 2-4 Hello Worldプログラムの作成
 2-5 アイコン・起動用画面の準備
 2-6 開発用証明書の取得
 2-7 証明書のP12ファイルへの変換
 2-8 App IDの作成
 2-9 プロビジョニングプロファイルの作成
 2-10 iPhone OS 設定の編集
 2-11 パブリッシュでIPA ファイルを作成
 2-12 IPA ファイルを実機に転送し動作確認
 2-13 実機でのデバッグ

【第3章】App Storeにアプリケーションを登録
 3-1 証明書とプロファイルの準備
 3-2 登録用の画像素材を用意する
 3-3 配布用ビルド設定
 3-4 iTunes Connectへの登録

【第4章】iOSで稼動するFlashコンテンツ1
 4-1 サンプルアプリ「Rikabu」の作成

【第5章】iOS で稼動するFlash コンテンツ2
 5-1 サンプルアプリABCrayonの作成



本書で利用したデータは、こちらからダウンロードできます:
  サンプルコード


iOSプログラミング──Adobe Flashで作るiOSアプリ
株式会社JETMAN(著)
定価:本体1480円+税
ISBN978-4-04-870226-3



Amazon.co.jpで買う